Microsoft 365 / Office 365 が日本語表示されない

Microsoft 365 / Office 365 の言語設定はユーザーごとに設定する必要があり、いくつかの機能は言語設定を行わなくてもブラウザの言語に合わせて表示されます。
ブラウザの言語が反映されない画面として、セキュリティ/コンプライアンスセンター(SCC)が代表的で、ユーザーを Azure AD(Office 365 管理画面) で作成したか、 AD で作成したかによって設定方法が異なります。

クラウドユーザーの場合

Azure AD に直接作成したユーザーは右上の設定より変更可能です。

ディレクトリ同期ユーザーの場合

ディレクトリ同期ユーザーはクラウドユーザーで表示されるような言語設定がなく、オンプレミス AD の PreferredLanguage 属性の値で言語設定を行う必要があります。日本語に設定する場合は ja-JP とします。

参考:[Office 365 の言語設定について]
https://blogs.technet.microsoft.com/exchangeteamjp/2017/07/14/office-365-language-setting/

最後に、例外として Microsoft Defender Security Center は移り変わるセキュリティ対策を迅速に対応できるように多言語対応はサポートされておらず、英語のみで提供されるサービスとされています。

いいね (この記事が参考になった人の数:2)
(↑参考になった場合はハートマークを押して評価お願いします)
読み込み中...

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、当社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。

※当サイトはマイクロソフト社によるサポートページではございません。パーソルプロセス&テクノロジー株式会社が運営しているサイトのため、マイクロソフト社によるサポートを希望される方は適切な問い合わせ先にご確認ください。
 【重要】マイクロソフト社のサポートをお求めの方は、問い合わせ窓口をご確認ください