Microsoft StorSimple

ハイエンドストレージとクラウドをシームレスに融合し
快適なストレージ環境を実現します。

Microsoft StorSimple

Microsoft StorSimpleとは?

  • Microsoft StorSimpleとは?
  • Microsoft StorSimpleとは?
  • Microsoft StorSimpleとは?
マイクロソフトが提供する
大容量のラックマウント型
SANストレージです
マイクロソフトのパブリッククラウド
Microsoft Azureとスムーズに連携し、
最大500TBのファイルサーバー環境を実現します
重複排除や圧縮、
クラウドへのバックアップ(世代管理)まで
1台で完結できます

大容量・高性能ストレージとMicrosoftAzureの親和性を是非体験ください。

主なサービス内容

大容量

ローカル+クラウドの領域を合計して一つのディスクとして見せる事が出来ます。
最大500TBの領域を自由にボリューム単位で分けて運用も可能です。

自動ティアリング

ローカルディスクにSSDとHDD+クラウドストレージの3層構造で
ファイル単位の利用頻度で自動的に保存場所を最適に配置します。
(よく使うファイルはSSD、長らく更新の無いファイルはクラウドへ)

圧縮・重複排除

ファイル単位での重複排除も自動で実施し、HDDとクラウドにあるファイルは圧縮が掛かるので、
ディスクの容量の肥大化を防ぎます。(保存ファイルによって圧縮率は異なります)

クラウドスナップ

バックアップもMicrosoft StorSimpleの標準機能で最大64世代まで可能です。
クラウドにバックアップを取るのでバックアップ領域の残要領を気にする必要もありません。(クラウドスナップ機能)

障害復旧

障害時などのデータ復元シナリオも非常にシンプルで速やかに復旧可能です。

充実のサポート

日本マイクロソフトによる手厚いサポートが受けられます。

製品ラインナップとスペック(2014年11月現在)

モデル名 SS5020 SS7020 SS5520 SS7520 SS8100 SS8600
ローカルディスク容量 2TB 4TB 10TB 20TB 15TB 40TB
内SSD容量 400GB 600GB 1.2TB 2TB 800GB 2TB
最大容量(クラウド領域含む) 100TB 200TB 300TB 500TB 200TB 500TB
プロトコル iSCSI (マルチパスサポート)
ネットワークインターフェース 4×1Gbpsポート 10Gbps×2、1Gbps×4ポート
RAID構成 RAID1+0
データ通信暗号化 HTTPS/SSL通信
クラウド上のデータ暗号化 AES-256

実際の筐体(前面)
実際の筐体(前面)

実際の筐体(後ろ)
実際の筐体(後ろ)

Microsoft StorSimple導入時の構成例

  • 大容量ローカルディスク+Azure
  • 重複排除
  • 3階層ティアリング(SSD/SAS/Cloud)
  • クラウドバックアップ(クラウドスナップ)
  • DR対策/BCP

只今、Microsoft Azureとセット購入で大変お得なキャンペーンも実施中!
※ご希望のお客様には機器の貸し出しも行っております。
お問い合わせ、資料請求はこちらから!

お問い合わせはこちら

  • Cloud File Manager
  • Cloud Study
  • Office365導入支援
  • Microsoft StorSimple
  • Active Directory on Azure
  • Microsoft Azure PaaS

Page Top