Site↔R(さいとあーる)

Site↔R(さいとあーる)でBCP対策を!

Site↔R

こんな課題抱えていませんか?

  • お悩み
  • お悩み
  • お悩み
災害が起きた時に
社内システム復旧できる状況ではない…
システムの運用が止まると困る…
止まらないようにできますか?
BCP/DR対策といっても
何から手をつけていいか分からない…

もしもの場合のBCP/DR対策をお手伝いさせていただきます!

Site↔R(さいとあーる)とは?

Azure Site Recoveryを利用したBCP対策を支援する弊社独自サービスです。

お客様の社内にあるシステムをAzure上にレプリケーションする事により、
社内のシステムが稼働できない状態になってもAzure環境で素早く復旧する事が出来るサービスです。
構成によっては、ほぼ止まらないに等しい運用もできます。

社内のオンプレミス環境にあるシステムは当分クラウド化する予定が無いシナリオでも
BCP/DR対策として活用する事が可能です。

大災害等でシステムが止まってから慌てても手遅れです・・・

システムが止まる前に『Site↔R』を利用しましょう!!

構成例(Hyper-VからAzureへ)

Site↔R構成

サービス対象環境
  • 物理サーバ ⇒ Azure Site Recovery ⇒ Azure上(仮想マシン)
  • Hyper-V ⇒ Azure Site Recovery ⇒ Azure上(仮想マシン)
  • VMWare ⇒ Azure Site Recovery ⇒ Azure上(仮想マシン)

お客様のご要望に応じて構成をご提案致します。
まずはご相談ください。

お問い合わせはこちら

  • Cloud File Manager
  • Cloud Study
  • Office365導入支援
  • Microsoft StorSimple
  • Active Directory on Azure
  • Microsoft Azure PaaS

Page Top