Azureクラシック仮想ネットワークとオンプレミスサイトのサイト対サイトVPN接続手順

前段
公式のドキュメントから、クラシック仮想ネットワークとオンプレミスネットワークの接続手順が消えていたので、備忘録がてら、手順を以下に記載しておきます。
もう使わないと思いきや、まだまだクラシックのリソースって残ってますよね。。。

 

本題・手順
1. PowerShell を起動し、サインインします。

Add-AzureAccount

2. サブスクリプションを指定します 。
Select-AzureSubscription -SubscriptionId "サブスクリプションID"

3. 対象のクラシック仮想ネットワークに、クラシックVPNゲートウェイを追加します。
(GatewaySKUは任意(以下例はStandard)、GatewayTypeはDynamicRoutingを指定)
New-AzureVirtualNetworkGateway -VNetName "仮想ネットワーク名" -GatewayName "任意" -GatewayType DynamicRouting -GatewaySKU Standard

4. 以下コマンドを実行し作成した仮想ネットワークゲートウェイのVIPAddressとGatewayIdを覚えておきます。
Get-AzureVirtualNetworkGateway

5. 以下コマンドを実行して、クラシック用のローカル ネットワーク ゲートウェイを作成します。
New-AzureLocalNetworkGateway -GatewayName "任意の名前" -IpAddress "オンプレミス側のIPアドレス" -AddressSpace "オンプレミス側のIPレンジ1","オンプレミス側のIPレンジ2(あれば)"

6. 作成したローカル ネットワーク ゲートウェイの情報を取得し、GatewayId を覚えておきます。
Get-AzureLocalNetworkGateway

7. [4]で確認したGatewayIdと[6]で確認したGatewayIdで以下コマンドにて接続を作成します。
New-AzureVirtualNetworkGatewayConnection -connectedEntityId "[6]のGatewayId" -gatewayConnectionName "任意の名前" -gatewayConnectionType IPsec -sharedKey "共有キー" -virtualNetworkGatewayId "[4]のGatewayId"

 

注意

・この手順は仮想ネットワーク及び仮想ネットワーク内にGatewaySubnetが作られていることを選定としています。

・この手順はオンプレミスルーターでの設定が正常に完了していることを前提としています。

・入力するパラメータの中にスペースがある場合””でくくってください。

 

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、弊社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。