送信したメールがなりすまし判定されてしまう

Exchange Online に存在するメールアドレスの差出人がなりすまし判定されてしまった場合、判定されないよう
設定を行う必要があります。

とくにWebサイトの問い合わせフォームや外部のメーリングリストを利用して同じ Exchange Online のユーザー宛にメールを送信するとなりすまし判定されやすいので、注意が必要です。

なりすまし判定を回避する方法として、いくつか方法がございますのが詳細は下記をご確認下さい。

[Exchange Online の Safety Tip 機能による “なりすまし” 判定について]
https://blogs.technet.microsoft.com/exchangeteamjp/2016/11/22/about-antispoofing-of-safetytip/

なお、Exchange Online の管理センターにてスパムフィルターポリシーの許可/禁止リストにて調整することも可能です。
設定等の詳細は下記をご確認下さい。

[Office 365 で組織全体の信頼できる差出人またはブロックする差出人の一覧を作成する]
https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/dn198251(v=exchg.150).asp

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、弊社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。