Azure 最新情報ピックアップ (2018年7月)

直近で更新されたAzure情報の中で、より多くのお客様にメリットのある情報をピックアップしてお知らせします。

Azure Automation の Start/Stop VMs during off-hours (プレビュー)ソリューションがアップデート

以前からプレビューとして提供されていたAzure Automationを使用した 「Start/Stop VMs during off-hours 」ソリューションがアップデートされました。
今回のアップデートでは、メール通知でSendGridを使用する必要がなくなり、モジュールも更新されより簡単にVMの自動起動・停止が実現できるようになっています。

そもそも、
Azure Automationの機能単体を利用したVMの自動起動・停止処理 と
Start/Stop VMs during off-hours[Preview] 機能によるVMの自動起動・停止 処理の違いは何でしょうか。
最も大きな違いは、
・Azure Log Analytics(OMS ワークスペース)が規定で有効になり、Log Analyticsと連携する高度な設定が簡単に追加できる
・AzurePowershellをユーザーが記載しなくてもGUI上から直観的な操作でVMの自動起動・停止処理設定を投入できる
部分と言えます。Azure Automation、Log Analytics、Azure Monitor を組み合わせて、Start/Stop VMs during off-hours[Preview] と同じことを実現することは可能ですが、非常に手間がかかります。Start/Stop VMs during off-hours[Preview] を使用してカスタマイズしやすいVMの自動起動・停止処理を構成することが可能です。実際にデプロイした画面を掲載しつつ概要をレポートします。

具体的なデプロイ方法は以下を参照してください(※)
https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/automation/automation-solution-vm-management
※情報が一部古いので最新情報は以下英語のドキュメントを参照した方がよいと思います。
https://docs.microsoft.com/en-us/azure/automation/automation-solution-vm-management

・デプロイ時の画面

①デプロイする際にOMSのワークスペースを設定します
②自動起動・停止処理の対象とする既定のリソースグループを指定できます。複数指定可能です。デフォルトでは「*」が設定されており、サブスクリプションの全VMを対象とする設定になっています。
③処理の除外対象VMを指定できます。
④デプロイ時に指定できるスケジュールはUTC時間のみです。
⑤Automationの稼働状況を通知するメールアドレスを指定できます。

注意点は②の対象VMの指定部分でしょうか。既定ではサブスクリプションの全VMを対象としてしまうので注意が必要です。なお、この「パラメータ」部分は全て後で変更可能です。

・Automationアカウントに設定される変数

①[Automation カウント] – [変数] にはRunbook内(AzurePowershell)で利用される変数の値を定義できます。デフォルトで上記のように複数のパラメータが定義されています。
②例えば、既定では、「CPU 割合メトリックを評価して平均使用率が 5% 以下であるかどうかを確認する」といった応用が柔軟にできそうな変数を保持しています。各パラメータの詳細な用途はドキュメントに記載されていますが、CPUメトリックを評価するパラメータについては以下です。
External_AutoStop_Description・・・アラート説明
External_AutoStop_MetricName・・・Azure アラート ルールが構成されるパフォーマンス メトリックの名前。
External_AutoStop_Threshold・・・Azure アラート ルールのしきい値。 パーセンテージの値の範囲は 1 ~ 100 です。
External_AutoStop_TimeAggregationOperator・・・時間の集計演算子。条件を評価するために選択した時間枠のサイズに適用されます。 指定できる値は、Average、Minimum、Maximum、Total、および Last です。

まとめ
Start/Stop VMs during off-hours[Preview] 機能を利用することによって簡単に高度な自動停止・起動設定が実現可能です。是非お試しください。

 

仮想マシン用 Standard SSD Disksがプレビューで提供開始

Azure ストレージのManaged Diskにて、Standard SSDのプレビューが開始されました。
これにより、仮想マシン用に管理ディスクでは、3種類のディスクを利用するすることが可能になります。
Azure仮想マシンが使用できるディスクの種類は以下となります。

・管理ディスク(Managed Disk)
Premium SSD、Standaard SSD(New)、Standaard HDD

・非管理対象ディスク(Unmanaged Disk)
Premium SSD、Standaard HDD

各ディスクの比較については以下となります。

ディスクの種類 Premium SSD Standard SSD (New) Standard HDD
サービス内容 I/O 負荷の高いエンタープライズ ワークロード向けのディスクです。安定したパフォーマンス、低レイテンシ、高可用性を実現します。 安定したパフォーマンスを必要とする低 IOPS のワークロード向けのディスクです。HDD Disks よりも可用性とレイテンシが向上しています。 アクセス頻度の低い低コストの大容量ストレージに最適化されています。パフォーマンスは多少変動する場合があります。
利用用途 高負荷のエンタープライズ ワークロード (SQL Server、Oracle、Dynamics、Exchange Server、MySQL、Cassandra、MongoDB、SAP Business Suite、その他の運用環境のワークロードなど) Web サーバー、低 IOPS のアプリケーション サーバー、使用頻度の低いエンタープライズ アプリケーション、開発/テスト バックアップ ストレージ
最大 IOPS 7,500 IOPS (プロビジョニング済み) 最大 500 IOPS 最大 500 IOPS
最大スループット 250 MBPS (プロビジョニング済み) 最大 60 MBPS 最大 60 MBPS

Standard SSD Disksについては、全ての仮想マシンにて利用が可能となります。
IOPSやスループットについては、 Standard HDD と同一のスペックですが、SSDの利点ある高可用性・低レイテンシとストレージ自体のスペックが向上しますので、Standard HDDよりも高いパフォーマンでPremium SSD より安価な仮想マシンの利用することが可能です。

料金については下記をご確認下さい。

[Managed Disks の価格]
https://azure.microsoft.com/ja-jp/pricing/details/managed-disks/

 

Azure Site Recoveryによるリージョン間移行がGA

Azure Site Recovery(以下ASR)を使用したAzure IaaS仮想マシンのリージョン間移行の機能がGAとなりました。この機能は以前よりプレビューで提供されてきましたが、この度GAとなりました。
元々ASRはオンプレミス仮想マシンのAzureへの移行をメインとしておりましたが、この機能がリリースされたことにより、AzureからAzureへの移行、つまりクラウド上での地理的DR対策を実現可能となりました。DRとして利用する場合、全自動でのDRは若干ハードルが高いですが(地理的サイトが変わるDRは影響度も大きいため全自動はかえって危険な面もあります)、あらかじめDR先のネットワーク等を作成しておくことで、リージョン単位の障害に対しても素早い復旧が可能となります。

 

Access Control Serviceのサービス終了まであと4か月、ご利用のお客様は移行の対応を!

Microsoft Azure Active Directory Access Control Service(Azure AD アクセス制御サービス、以下ACS)は、クラシックポータルにて利用可能であったクラウドベースの認証サービスです。ACSはクラシックポータルの終了に伴い2018年11月7日にサービス終了の予定です。現在お使いのユーザーは機能を移行する必要がありますが、利用方法によって移行方法は異なるため、以下リンクを参照の上対応方法をご検討ください。併せて、サブスクリプション上でACSの名前空間があるか(=ACSを利用しているか)を確認する手順が載っているリンクも記載しておきますのでご参照ください。

※移行方法についての検討は以下リンクを参照

Azure Access Control Service からの移行

※ACSの利用状況を確認するには以下リンク「ACS 名前空間の一覧を表示して削除する方法」を参照

サービス終了まで残り 4 か月: Access Control Service

 

本記事の詳細につきましては以下リンクをご参照ください。

Azure Automation の Start/Stop VMs during off-hours ソリューション (プレビュー)

Azure Virtual Machines ワークロード用の Standard SSD Disks (プレビュー)

一般提供開始:Azure IaaSのVirtual Machine 災害復旧

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、弊社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。