Azure Backup にて復元されたVHD ファイルを管理ディスクに変換する方法

Azure Backup のバックアップデータから『ディスクを復元』を選択して
仮想マシン用のストレージを復元する際は、以下の手順にて実施可能です。

[既存の VHD を管理ディスク (Managed Disk) に変換し、VM をデプロイする]
https://blogs.technet.microsoft.com/jpaztech/2017/05/01/convertvhdtomanageddiskdeployvm/

しかし、変換する管理ディスクがOS ディスクである場合、上記サイトの
『# VHD を管理ディスクへ変換』にて記されたNew-AzureRmDiskConfig では
VHD の OS タイプの定義がされていないため、作成されたディスクの定義が
不確定の状態となり、管理ディスクと基にしての仮想マシンの作成は行えません。

このため、OSディスクの変換時は、New-AzureRmDiskConfig に-OsType にて
VHD のOS タイプを定義いただく必要がございます。

[New-AzureRmDiskConfigについて]
https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/azurerm.compute/new-azurermdiskconfig?view=azurermps-6.1.0-OsType

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、弊社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。