NSG(ネットワークセキュリティグループ)のルールを変更してもアラートが発生しない

NSG内におけるルールの変更を行った際にAzure Monitor機能を用いてアラートを発報させるためには、アラートのターゲット(アラートの対象)を「All securityrules」とする必要があります。そのため、NSG関連の操作を検知したい場合、対象とするターゲットは「All ネットワーク セキュリティ グループ」と「All securityrules」の2つになります。
なお、アラート対象を「All securityrules」とするには、ポータルでは設定できず、PowerShellでの設定が必要となります。

詳細な設定手順は以下をご参照ください。
ネットワークセキュリティグループのルール変更のアラート機能について

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、弊社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。