オープンライセンスのOffice 365 Business 系プランからCSPへの切り替える際の注意点

Office 365 テナントにて、すでにご利用頂いているライセンスを同じプランのまま、CSP ライセンスへ切り替える場合、通常は作業の必要は無く、自動的に切り替わります。
しかしながら、オープンライセンスの Business 系プラン (Business、Business Essentials、Business Premium) をCSP ライセンスに移行する場合のみ、マイクロソフト社の不具合のため、手動での切り替え作業が必要となります。

ライセンスをどのような経路で調達しても、Office 365 管理センターのライセンス画面上は、同じプランは1行でまとめられる仕様となっておりますが、本事象が生じる場合は、移行元がオープンライセンスのBusiness 系プランに限り、オープンとCSP の2行で表示される状況となりますので、自社テナントが該当するかを見極めることができます。

手動での切り替え手順は、以下サイトに記載されております。

[一般法人向け Office 365 のユーザーからライセンスを削除する]
https://support.office.com/ja-jp/article/9b497c85-d0a4-4735-80fa-d3565bc05bd1

[一般法人向け Office 365 ライセンスをユーザーに割り当てる]
https://support.office.com/ja-jp/article/997596b5-4173-4627-b915-36abac6786dc

また、以下の手順で複数ユーザーのライセンス編集を一度に行うことも可能です。
[一般法人向け Office 365 ライセンスをユーザーに割り当てる]
https://support.office.com/ja-jp/article/997596b5-4173-4627-b915-36abac6786dc#ID0EAAFAAA=複数ユーザーの場合

注意事項・免責事項

※技術情報につきましては投稿日時点の情報となります。投稿日以降に仕様等が変更されていることがありますのでご了承ください。

※公式な技術情報の紹介の他、弊社による検証結果および経験に基づく独自の見解が含まれている場合がございます。

※これらの技術情報によって被ったいかなる損害についても、当社は一切責任を負わないものといたします。十分な確認・検証の上、ご活用お願いたします。